カテゴリ:たびするひび( 22 )
この夏ハイライト
d0066864_11245863.jpg

しばらくぶりです。
東京の空はだんだんと高くなってきました。
あじさいの季節から、落ち葉の季節へと。
秋分まであとすこし。
d0066864_1137404.jpg

この夏は、はげしく動きました。
毎週くらい東京ではないどこかへ。
まるで何かに追われているように。
d0066864_11411790.jpg

カシャ
d0066864_1127983.jpg

d0066864_11421298.jpg

その合間を縫うようにしておこなってきた草ぬき。草かり。草ひき。
まさに戦い。根気くらべ。

この夏はとくに暑かった。
ぼくが働く茅葺民家の庭はとても大きい。
草をひいても刈っても抜いても、次から次へと生まれてくる。
あちらこちらから。
d0066864_1891292.jpg

ある時、目の前に木々の合間から落ちてきた陽だまりがあった。
苔がびっしりとついた土の上に。

かぎりなく美しい光景に、ぼくは惚れ惚れ。

そんなとこに草が生えているもんだから、
んー、と少し立ち止まってから、
やっぱり抜くと、

思想だか何だかに相反するからか、

摂理だとか、道理だとか、何だかと、
アタマの中では哲学スイッチが押されて、
あーだこーだと答えがでない考え事がはじまる。


それでも4日もすれば、また同じ場所には草が生えている。
d0066864_11423783.jpg

あちらこちら行き来していると、だんだんと何が何だかよく分からなくなってくる。
草が生えてくる話しとどこか似ていて、
出会ったその先で、思考の転換がいっぱい起きるからかもしれない。


草みたいにまっすぐな姿にあこがれる。
d0066864_11432667.jpg

秋分までもう少し。

かりいるる 日はちかし、
よろこび待て そのたりほ。

結婚式で歌った讃美歌。

なんだかシックリと来ました。


さてさて、
秋支度をはじめよー


d0066864_11435823.jpg

d0066864_16102716.jpg

d0066864_1611359.jpg

d0066864_16145989.jpg

d0066864_16131516.jpg

d0066864_1613264.jpg

ぼくはすこぶる元気です。ハイッ!




7-10 四国 四万十川 しまなみ海道 キャンプ下見
12・13 sally garden
14-18 自由学園那須農場 初等部5年生 お手伝い

7-9 沖縄 ジーのお見舞い
10 エリー結婚式
13-16 自由学園最高学部 神津島 お手伝い
17 史人くん結婚式
18 いらっしゃい カイ(■)バーリー・サンラ!
21-24 ジュニアキャンプ 志賀高原
28-8/2 北海道 命日

 7 入間川七夕まつり花火大会
9-12 ロバの学校 お手伝い
14 food stock
16-19 ジュニアキャンプ 沖縄無人島(安室島)
24 りるけ屋ナオちゃん おかえり

 9 スズメバチに刺される
10 おひさしぶり あつおっく&じゅんちゃん
11 尾崎くん&ヒトミちゃん結婚式
[PR]
by takee-world | 2010-09-18 19:06 | たびするひび
写真で巡るここいっかげつpart1
d0066864_18442962.jpg

まずは、一か月前。

狂犬チャイ子と、
d0066864_18463843.jpg

川尻製陶所と、生活道具店WOMBの様子をみに、

益子陶器市へいってきました。
d0066864_18485810.jpg

d0066864_18572791.jpg

d0066864_18553844.jpg

d0066864_18503769.jpg

益子の町並みに、けっつーの家の素晴らしさに、
大興奮な3日間でした。

d0066864_190178.jpg

そいでもって、地元ではじめた古民家でのお仕事。
d0066864_194813.jpg

庭師のような、そんなお仕事です。
d0066864_19132096.jpg

ここ何日かは、一年に一度の茅葺きの葺き替え。
職人さんは新潟からやってきます。
d0066864_19112767.jpg

じつは4年前からおつきあいのあるお家で、
職人さんとは3年ぶりの再会でした。
d0066864_1961659.jpg

ここで働けて、とてもとても気持ちがよくて、
いいなーって瞬間がたくさん。

木漏れ日やら小鳥やカラスのさえずりやら、
風のにおいやら。

詳細はまたのちほど。

今晩からは不思議なご縁でつながった四万十川へいってまいります。

それではよい日々を◎
[PR]
by takee-world | 2010-06-06 19:19 | たびするひび
えいぷりるふーる だけど、うそじゃない
d0066864_263317.jpg




出会いもあれば、別れもある、そんな春です

d0066864_0292521.jpg


我がアダニアファミリーのケッツー&ミーキー+チャイも、この春で本拠地を移動。
そして、ぼくも生まれ故郷で生活することにしました。

d0066864_20261459.jpg


ぼくよりも早くに旅だった上の住人を送りだしても、なんか、いつ帰ってくるのかな~、という感じ。
ここの家では会えなくなるのかぁという感覚がまるでわからない。

こっちで知り合った友だちを見送ったり、出迎えたりすることばかりだったけれど、
いざ、自分がここを離れるということにたいして、引越しの準備をしはじめて、
部屋がさみしくなっていくまで、あまり実感がわきませんでした。

d0066864_20264285.jpg


涙腺が緩んだのは、出発の4日前だったか、
そのスイッチを入れたのは、よく挨拶していた近所のおばちゃんの、
「会えなくなると、さみしくなるねぇ」 の、一言。


月末におこなわれた集落の敬老会では、敬老会なのに、送別会まで開いてくれて、
お世話になった人たちに、温かい言葉をたくさんいただいた。
そして青年会での余興は「ショートコント 卒業式」。
これをした後に、なにかしゃべれと言われて、
マイクを握ったぼくはかなりひさしぶりに、ステージの上で感極まってうっうっとなってしまった。
d0066864_13305088.jpg


この集落にたまたま来て、住むことができて、そして集落行事にもかかわれて、
地域にいるいろんな人たちとかかわることができて、
何という言葉かわからないけれど、なんだか帰ってくる場所というか、安らげる場所というか、
そんな故郷というのかな、なんて言葉なのかな、勢い的にはうぉーーーー大好きだーーーー!って
そんな自分の感情を発見できて、とてもうれしかった。
これはほんとに湧いてきた、たしかなぼくの感覚だった。

d0066864_23551853.jpg


気がつけば、この2年間、多くの人に囲まれていた。
居場所を、居心地のいい場所を求めていたのかもしれない。安らかなところ。

ふしぎなご縁のながれは、いろいろな人たちと会わせてくれた。
d0066864_1543679.jpg

とくに、ここで出会って、ほんとに長い濃い付き合いをしてきた、宜野湾ファミリー、
たくさんの思い出、いやぁーーーー、いいわ!!!!

たのしみでしょうがない。
なんかジィさんバァさんになっても付き合っていたい。

みんな大好きだーーーーーーー!
これしかない。


d0066864_20311832.jpg



帰りの日は、なんともいえない、とびっきりな太陽の光が射していて、
目に入るモノも色もすべてがきらきらしていた。
光の部分と、影の部分と、まるで調和しているかのように美しく、やさしかった。


飛行機の中で、いろいろ手紙とか読んだりしたり、なんか見たり触ったりしてて、
いろいろ想ったりしていたんだけど、
最初におりてきた言葉は、「あぁ、生まれてきてよかったなぁ」と、
「とーちゃん、かーちゃんありがとう」
これだった。

d0066864_20313043.jpg


出会いや別れが共有できるって、素晴らしい。

日々ひとこまのれんぞく。
これ、つづいていきます。つづいていくよ。


[PR]
by takee-world | 2010-04-01 23:33 | 未分類
空えくりぷす よん
d0066864_1504990.jpg

さて、世紀の日蝕、みんなそれぞれ賭けた想い、
それはどうだったんでしょうか
d0066864_10733.jpg



More
[PR]
by takee-world | 2009-09-26 02:14 | たびするひび
空えくりぷす さん
d0066864_0262740.jpg

しばらくとゆっくり阿室ですごさせたぼくらは、
クルマを借りて北上、向かうは笠利崎にある海岸
ここでぼくらは前日から泊まり込んでその日を待つことにした


More
[PR]
by takee-world | 2009-09-25 00:57 | たびするひび
空エクリプス に
d0066864_2118470.jpg

伊江島へのにぎやかクルーズをおえて沖縄北部にある本部港で3人をおろして、
ぼくたちはさらに北をめざしてみなとお別れしました

こう港に人を残して別れていくのって、すぐに見えなくなってしまうのでなくて、
さいごの見えなくなるところまでバイバーイって気持ちでいられて、
なんだかその感じがじんわりとしていてぼくは好きです


More
[PR]
by takee-world | 2009-09-08 22:33 | たびするひび
とりあえずきんきょう

d0066864_13242947.jpg

かえってきました
奄美大島への日食旅がおわり、
ひといきつけば幸せハッピーのビーチパーリー、
そしてふたたび奄美大島へと20日間の調査、
かえってきてひといきつけば座間味の無人島へのコドモキャンプ
あっというまに日食からいまにいたりました

濃いです、濃かったです、濃すぎました
書ききれないお話が貯まる一方です
寝ているあいだに自動書記がはじまればいいのにね

ほんとはうす味が好きです
センチなメロディーが好きです

つぎは9・2におこなわれる石平集落でのエイサー道巡礼にむけて練習にはげむ毎日であります


よく、ほんといつも忙しいねぇといわれますが、こころは亡くさない範囲で飛び回っているつもりです
けどやっぱりキャパオーバーということで、丘の上にあるパン屋さんは引退、
そしてこれから修士論文書き上げることに専念すべく、
いろんなことそぎ落として集中したいとおもいます

はい、あ、けど9月中頃にはあっちゃんなみちゃんの結婚式のために帰郷、
のついでに韓国ツアーをブッキング
んんん、、、むかしっから落つきがないんです

(写真)奄美の豊年祭相撲で見事4位の快挙、前頭です

[PR]
by takee-world | 2009-08-30 13:29 | たびするひび
空エクリプス いち
d0066864_3484444.jpg

いろいろな流れのなかで、奄美大島へといく運びをえらびました
総勢8名での船旅
こんな旅ができるなんて、なんて贅沢なんだろ
船長は初登場セーイチさんです
そしてめんそーれboojil
ぼくのパートナーの仲良しイラストレーターも沖縄いりです
d0066864_353227.jpg


More
[PR]
by takee-world | 2009-07-18 22:46 | たびするひび
とうきょう
d0066864_032508.jpg

東京にいっすん帰りました

ぼくの生まれは東京の真ん中、世田谷区
以外にも、世田谷は代々木公園や明治神宮をはじめ、自然がそこそこあるところでした
子どものころはもちろん木登りにかくれんぼ
近所のビワの木はそんな子猿たちのたまり場


More
[PR]
by takee-world | 2009-04-01 01:03 | たびするひび
あまみ ろっく
d0066864_15124739.jpg

シシマフラー ザ・山男のつづき

さて、作業場までもどってきました
するとどこからかカツ兄さんのオトウも出てきて、まずは測量
二頭ともメスのイノシシで30kgほど

大島のシシはそんなに大きくならないそうだけど、
内地では70kgくらいが成獣の体重ってさ
最高速45kmとか出るらしいんです
余談だけどアメリカでは450kgのシシが獲れたらしい・・・
おそろしや ひぇ~ ですね

今回のアダニヤ日記 血を見ます
見たくない方は 見ないでくださいな
見つめたい人は 見てください

d0066864_15214975.jpg


More
[PR]
by takee-world | 2009-03-04 16:24 | たびするひび