<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ははの味はあまからい

d0066864_241531.jpg

いぇい!はいこんにちは

さいきんはいろいろと大変な毎日をおくっていてなかなか日記がかけておりません
でも毎日フルスロットル!日々は山あり谷あり、そんなものです
d0066864_2465772.jpg

ということで、
夏至をむかえてますますギラギラな太陽のなか
母なる海にやってまいりました

やはり海はぼくにははずせない場所なのです

そう、いま思えば海は小さいころから慣れ親しんだ
とても大好きな居心地のよいところでした

ぼくが育てられた海は千葉の外房にある鴨川
夏になるとうちの親父は海が恋しくなって
ぼくら家族をよく連れていったのです
d0066864_248064.jpg

去年、沖縄にきたときヒョンナご縁でサバニという
沖縄の伝統的な海人のフネとであいました

正確にいえばサバニに乗ってるナイスな笑顔のイタイさんというお方

そのご縁はつながり、
いまでは週末となるとサバニに乗りにいっているのです
d0066864_19463998.jpg

かっこいい~

このサバニはだいたい5人乗り
多くて6人、いや、もう少し乗れるのかな
オール木造、釘もつかってません
石垣島の船大工さんがつくった代物です
d0066864_2501543.jpg

ぼくも知らなかったのだけれど、
サバニはエークと呼ばれる櫂で漕いで進む以外に、帆がつけられるのです

↓これがエークと呼ばれる櫂
d0066864_2511674.jpg

余談ですが、沖縄では本島の南にある
糸満というところが海人の港町として栄えて
いまもその痕跡があちらこちらで見られるのです

そう、スナックの数がほんと半端じゃなくある
ぶったまげます 笑っちゃいます
そのくらいある

船乗りはいちど遠洋漁業なんかで海にでると
魚を追って数ヶ月は海の上で生活する
だからそんな船乗りが寄港する港町にはだいたい酒場があるのです
これ、世界共通?なんだとおもいます

ちょっとこんど糸満の街の写真とってきましょうね
d0066864_2551385.jpg

あ、あと昔は那覇まで10数キロの道のりをアンマーと呼ばれる魚売りの女性たちが
アタマの上に獲れた魚たちを20キロくらいタライにいれて売りに行ってたそうな
だからかタライをアタマの上にのせてカチャーシーと呼ばれる
激しいこちらの踊りをやらせたら糸満の女性はピカイチらしいです

そんなタフな女性の旦那たち、
海人たちは、サバニではるばる南洋まで行っていたというんです
ほんとにすごい 命がけです
d0066864_19491258.jpg

うちの馨ジィの生まれは奄美ですが、
昔話をきくと、小さいころによく糸満の船乗りが港にきていたと言ってました
そして海の荒くれ者だったと

まだあまり詳しくはないけれど
この世界、男くさい海
ワクワク興奮してしまう
ロマンたっぷりの世界に足をふみいれたようです

ちなみに小さいころの将来の夢は、ザ・漁師!
d0066864_19522524.jpg

一つ前の写真で手前にひょこんと飛び出ているのはアウトリガーといって、
フネが転覆しないようにつけているものです
本来のサバニにはあまりつけていなかったようです

でも、イノーと呼ばれる珊瑚礁の内側の海は穏やかですが、
その外側はけっこうウネリがあったりするんです

アウトリガーをつけていても、セイル(帆)を上げている時に
突風がふいたりしてバランスを崩すと
やっぱり転覆します
d0066864_19534859.jpg

そんな時はみんなで舟を起こして
みんなでエッセエッセと水をかきだします
↓こちらお手製のアカ汲み(これで水をかきだす)
d0066864_19541651.jpg

風が弱かったりすると、マストをおろして
エークでひたすら漕ぐ漕ぐ

けれど風をつかんだときの感じ
もうなんたってたまりません
最高なんですよ!
d0066864_258218.jpg

そう、この風をよむ技術
風って見えないじゃないですか
けれど、風がつよく吹いている場所
その水面はなんだかワサワサしていて
ほかのところと若干海の色が違うんですよ
まだまだぼくにはその世界がよくみえませんが

先人の知恵はほんとうにすごいなぁと関心させられます
自然の呼吸にこちらの息を合わせる
耳を傾けて、よーくこらえて見ないと分からない
自然に学ぶってこういうことなんだなぁと、
さいきんその言葉がアタマのまわりをぐるぐるしてる

学ぶことだらけでワクワク

とりあえず、今月末にサバニ帆漕レースという座間味から那覇までのレースに
われわれチーム「No-work」は出ます!
その距離は約35km!
うぉー

どうやら天気は晴れのようす
さぁどうなりますかね、たのしみです

乞うご期待!

[PR]
by takee-world | 2008-06-22 02:03 | うみのひび
水道水
d0066864_148899.jpg


今日は久しぶりに水道工事です
ぼくの家にはまだ水道水を通していなかったので、
さっそく役場の水道課へいって通してもらうように手続きをしました

家に帰って1時間もしないうちに水道局の人たちが来てくれて
南京錠をはずして元栓をあけてくれました


すると…


ごぼごぼぼー ぷしゃー
じゃー じゃー


顔をみあわせて、ん?

原因がわかって、は?

d0066864_14122958.jpg


そう、なんとあるべきパイプが一本なくなってたのです

ぼく「え、これって…」

水「え、えーと、じゃあ閉じときましょーねー」

ぼく「あ、あの~…どうしましょう」

水「じゃあぼくらではどうしようもないので水道屋さんに頼んでくださいね~」

ぼ「じゃあって…」

はぁ、これです
一難去ってまた一難
なんてかわいいお家なんでしょう


さてさて、どうしましょ


見積もりとか工事費用とか、めんどうだな~
お金ないし お金ないし お金ないし


しばらく見つめあうパイプとボク



おし、思いつきました!

やってみよー!

d0066864_14181254.jpg


さっそく普天間のいきつけの金物屋さんへレッツゴー
ありましたありました
見よう見まね

一応プロっぽくパイプの寸法を指ではかったし
長さもちゃんと腕で…
プロっぽい?(笑)
定規がなくって…


安い
これ全部で800円くらい

さぁ今日は水道屋さんに変身です

d0066864_1420383.jpg


さて、まずはここから

ネジの部分にテープを巻いて、
そのまましっかりと閉めます

わーおジャストフィット!

d0066864_14215233.jpg


おつぎにこちら

難なく終了!

いぇーい

そして元栓を開けて階段かけおりて
台所の蛇口をひねってみると!!!


ごぼごぼぼ~
じゃーー
ぶしゅっぶしゅっ
じゃーー!

おっしゃー!
勢いよくながれたのです!
いやぁ、やればできる!!


ちょろちょろちょろ

ん、あれ?
何か、音が、きこえる

こ、これは~
トイレからかな?

そろーり


んんん…

はぁまたこれだ
一難去ってまた一難

トイレのパイプから漏れてるのね~ん
しかも青い
ブルーレットおくだけ

あはは~

物語はつづきます…

[PR]
by takee-world | 2008-06-10 14:05 | だいくのひび