えいぷりるふーる だけど、うそじゃない
d0066864_263317.jpg




出会いもあれば、別れもある、そんな春です

d0066864_0292521.jpg


我がアダニアファミリーのケッツー&ミーキー+チャイも、この春で本拠地を移動。
そして、ぼくも生まれ故郷で生活することにしました。

d0066864_20261459.jpg


ぼくよりも早くに旅だった上の住人を送りだしても、なんか、いつ帰ってくるのかな~、という感じ。
ここの家では会えなくなるのかぁという感覚がまるでわからない。

こっちで知り合った友だちを見送ったり、出迎えたりすることばかりだったけれど、
いざ、自分がここを離れるということにたいして、引越しの準備をしはじめて、
部屋がさみしくなっていくまで、あまり実感がわきませんでした。

d0066864_20264285.jpg


涙腺が緩んだのは、出発の4日前だったか、
そのスイッチを入れたのは、よく挨拶していた近所のおばちゃんの、
「会えなくなると、さみしくなるねぇ」 の、一言。


月末におこなわれた集落の敬老会では、敬老会なのに、送別会まで開いてくれて、
お世話になった人たちに、温かい言葉をたくさんいただいた。
そして青年会での余興は「ショートコント 卒業式」。
これをした後に、なにかしゃべれと言われて、
マイクを握ったぼくはかなりひさしぶりに、ステージの上で感極まってうっうっとなってしまった。
d0066864_13305088.jpg


この集落にたまたま来て、住むことができて、そして集落行事にもかかわれて、
地域にいるいろんな人たちとかかわることができて、
何という言葉かわからないけれど、なんだか帰ってくる場所というか、安らげる場所というか、
そんな故郷というのかな、なんて言葉なのかな、勢い的にはうぉーーーー大好きだーーーー!って
そんな自分の感情を発見できて、とてもうれしかった。
これはほんとに湧いてきた、たしかなぼくの感覚だった。

d0066864_23551853.jpg


気がつけば、この2年間、多くの人に囲まれていた。
居場所を、居心地のいい場所を求めていたのかもしれない。安らかなところ。

ふしぎなご縁のながれは、いろいろな人たちと会わせてくれた。
d0066864_1543679.jpg

とくに、ここで出会って、ほんとに長い濃い付き合いをしてきた、宜野湾ファミリー、
たくさんの思い出、いやぁーーーー、いいわ!!!!

たのしみでしょうがない。
なんかジィさんバァさんになっても付き合っていたい。

みんな大好きだーーーーーーー!
これしかない。


d0066864_20311832.jpg



帰りの日は、なんともいえない、とびっきりな太陽の光が射していて、
目に入るモノも色もすべてがきらきらしていた。
光の部分と、影の部分と、まるで調和しているかのように美しく、やさしかった。


飛行機の中で、いろいろ手紙とか読んだりしたり、なんか見たり触ったりしてて、
いろいろ想ったりしていたんだけど、
最初におりてきた言葉は、「あぁ、生まれてきてよかったなぁ」と、
「とーちゃん、かーちゃんありがとう」
これだった。

d0066864_20313043.jpg


出会いや別れが共有できるって、素晴らしい。

日々ひとこまのれんぞく。
これ、つづいていきます。つづいていくよ。


[PR]
# by takee-world | 2010-04-01 23:33 | たびするひび
としのせ
d0066864_22543875.jpg

気がつけばもう年の瀬、えらく早い一年でした。

d0066864_22551232.jpg

この一年にあった数々のできごとを振りかえる間もなく、
ただいま締め切りが迫ってきた論文に励んでいるところです。

d0066864_22585513.jpg

メインテーマは奄美大島でのカツ兄をはじめとした、
自然と人との関係、
人と人との関係、
人とものとの関係です。

うちのジィさんの生まれたシマで、
根っこのことを考えてみたかったのです。
と、かっこよく言ってみたり。
d0066864_23453712.jpg

自然と人との関係は、
伝統的な生業とでも言いましょうか、
素潜り漁とか、イノシシ猟とか、家庭菜園みたいな小さな畑とか、
そんな生業の空間で人はどんな知識や経験をつんできたのか、
そして”自然”をどう思っているのか聞いてきました。

そして、人と人、人とものとの関係は、
そこで獲れた”もの”を介して”人と人”との関係がつながっている、
そんな有様ってのを書こうと思っています。

過疎・高齢化とか、職がないとか、けして牧歌的な生活ではありませんが、
人と自然とか、人と人とか、人とものとか、
その境界線がこういう中で暮らす人たちは、
とってもあいまいもこなんだなぁと思いました。
d0066864_23455749.jpg

たぶん、根っこから離れて暮らしている都会的な生活をおくってきた人たちと、
身体に埋め込まれた生活感覚も、頭の構造も、まるっきり違うんだなぁと思います。
だから、エコとか、ロハスとか、てのも、批判するわけでないですが、
やっぱり生活感覚はちょっと違うなと実感しました。

けれど、当たり前のことは本人は分かりにくいものなので、
対象となる相手、お互いの知識や知恵が必要なんだと、
これまた実感しました。


さて、早く書きあげるのが楽しみなんですが、

「人生はいつもちょっと間に合わない」

そんな予感がしなくもありません。
けどかならず間に合わせます。そうします。

d0066864_22593926.jpg

カツ兄の素潜り漁とかを事例にして書いていると、
潮の満ち引きが気になって仕方ないです。

あ、いま大潮だ、ってことはコブシメさんじゃん!
あぁ~獲りにいきて~
だ、だめだだめだ!い、いまはだめだ!

と、夜中に研究室に籠っているとこうなるのです。
はやいところ書きあげたいものです。
とりあえず、旧暦の節目で1年は振りかえりたいとおもってます。

d0066864_2315234.jpg


ちなみに明日は満月です。
1月は2回満月があるんですよ。いいですねぇ。


それではでは~あとちょっとかな、
よいお年をお迎えくださいな∞
[PR]
# by takee-world | 2009-12-31 23:46 | ぼやきひび
空えくりぷす よん
d0066864_1504990.jpg

さて、世紀の日蝕、みんなそれぞれ賭けた想い、
それはどうだったんでしょうか
d0066864_10733.jpg



More
[PR]
# by takee-world | 2009-09-26 02:14 | たびするひび